徒然亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 魅惑のトルコ旅行 (第六弾 カッパドキア−カイセリ)

<<   作成日時 : 2013/04/27 17:38   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

気球ツアーから戻った後、残りのカッパドキアの見どころを巡る。
これはキノコ岩が林立していることで有名な「セルベの谷」。
画像



本当にキノコに見える。
画像



どうしたらこんな奇岩ができるのか・・・傘になっている上の岩が良く落ちないものだ。
画像


見てわかる「ラクダ岩」
どうということはない・・・と思うのだが。
画像



ラクダ岩よりもむしろそのまわりの奇岩の風景がすごい。
画像



ラクダ岩、三姉妹の岩から近いユルギュップの町。
画像



画像



奇岩が街に溶け込んでいる。
上に見えるのは城塞だろうか・・・
画像



昼食はユルギュップのレストラン「ショミネ」で、
壺焼きケバブが用意されていた。
画像


壷の口を斧で割って中のケバブを取り出す。
これが壺焼きケバブか・・・大変美味であった。
画像



カッパドキアでの最後の観光は「カイマルクの地下都市」。
画像


キリスト教徒がアラブ人に攻め込まれたとき、
1万人以上の村人が2〜3か月隠れ住んだという。
洞穴の小部屋が上下左右に無数につながっている。
画像


地下4〜5階まで下りていくことができたが、まさしく迷路。
これは一種の臼だが緊急時は岩の扉として敵を防いだとのこと。
画像



カイマルクの後、鳩の谷に立ち寄る。
画像



名前の通り鳩が谷を乱舞していた。
ここの住民は昔からハトのフンを集めてブドウ畑の肥料にしていたという。
まさに生活の知恵。
画像



夕刻、カッパドキアから見る「エルジエス山」。綺麗に撮れた。
画像



カッパドキアで見た最後の風景。白い石灰岩が美しく、名残惜しい。
遠くに見えるのは「ローズバレー」。
画像



前後するがカッパドキアの土産物。
絨毯とトルコ石の店。
画像



絨毯を織る手が美しい。
画像



トルコ石販売店で大阪弁の女性と出会う。
カッパドキアに住んだ最初の日本人とのこと。
娘の土産にトルコ石のアクセサリーを買い求めた。
画像



トルコ石の製作現場を見学。
画像



画像



いよいよイスタンブールに飛ぶためにカイセリヘ。
空港に行く前にカイセリ城の城壁を見る。
画像



画像



少し早いがカイセリ城壁のすぐ近くのレストランで夕食。
ヨーグルトと一緒に食べるトルコ餃子とケバブを楽しんだ。
画像



意外と焼肉とヨーグルトは相性が良い。
次はいよいよいイスタンブール。天気が気になる。
画像








月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魅惑のトルコ旅行 (第六弾 カッパドキア−カイセリ) 徒然亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる