徒然亭

アクセスカウンタ

zoom RSS 魅惑のトルコ旅行 (第七弾 イスタンブール その3)

<<   作成日時 : 2013/05/04 22:24   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

------------------------------------------------------------------------------
いよいよ旅行最終日。
午前中にボスポラスクルーズ、その後グランバザールを見る予定。
この一枚はボスポラス海峡のアジア側を見たパノラマ合成写真。
画像



クルーズ中今にも雨が降りそうな天気で写真を撮るには最悪。
シャッターを押す指もかじかむほど寒かった。
これがヨーロッパとアジアを結ぶボスポラス大橋。
画像


ある種の感慨を持ってボスポラス大橋をくぐる。
画像


青空でないのが残念。
画像



ヤルと呼ばれる瀟洒な別荘が海峡沿いに多く建っている。
画像



イスタンブールも春。モスクのある風景、新緑が美しい。
画像



ボスポラス海峡沿いの要塞、「ルメリ・ヒサル」
ここまではヨーロッパ側の風景。
画像



これはファーティフ・スルタン・メフメット大橋。
クルーズ船はこのメフメット大橋でUターンし、出発点のカバタシュ埠頭まで戻る。
画像



これからはアジア側。
モスクのある海沿いの風景。
画像



この風景は、「ボスポラス海峡の真珠」と称されるアジア側のクズグンジュックの町。
画像



手前にボスポラス大橋、はるか向こうにファーティフ・スルタン・メフメット大橋が見える。
写真はイマイチだがアングルはすごい・・・
画像



クルーズの最後、カバタシュ埠頭に近い場所から幸運にも旧市街が見えた。
左からトプカプ宮殿の正義の搭、真ん中のドームはアヤソフィア、その右向こう
にブルーモスクが見える。 思いがけず撮れた一枚。
画像



約1時間半のクルーズを終え、カバタシュ埠頭に到着。
画像



バスで移動し、12時前に「グランバザール」に到着。 旅行最後の観光だ。
バザール東側の入り口、ヌルオスマニエ門。
画像



グランバザールを散策する前に腹ごしらえ。
トルコのクイックフード「ドネルケバブ・サンドウィッチ」を食す。
トルコ人と一緒に道路での立ち食い。
画像


このいかついおじさんが作っている。 味は大変おいしい!!!
画像


グランバザールの歴史あるアーケード。両側に店が何軒も続く。
画像


アーケードは網の目のように複雑につながっており、
いったん迷うとなかなか市場の外に出られないらしい。
画像



画像



これはグランバザールの別の入り口。雰囲気のある写真が撮れた。
画像


市場で買い物するとちょっとお茶でも飲んで休みたくなる・・・我々も休むか。
画像


タイムアップ。 グランバザールから出たところで全員集合。
画像


名残惜しいが皆を乗せバスはグランバザールを後にしてアタチュルク空港へ。
夕方5時過ぎのTK050便で一路成田へ向かう・・・トルコの旅もいよいよ終わりに。

イスタンブールの渋滞は当たり前。
画像



イスタンブールに2020年オリンピックを招致するための大きな看板が印象的。
トルコを見聞し、トルコの良さを実感した後だったので、日本人として東京招致も気になるが
イスラム圏最初のオリンピックをイスタンブールでと応援したい気持ちも芽生えた。
画像


魅惑のトルコ旅行 第一〜第七弾もやっと完結しました。
皆様、お付き合い有難うございました。

------------------------------------------------------------------------------

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
魅惑のトルコ旅行 (第七弾 イスタンブール その3) 徒然亭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる